宮崎の相続・遺言のことなら一般社団法人みやざき相続相談センター

一般社団法人みやざき相続相談センター TEL:0120-000-688

HOME > 相談事例

相談事例

父が高齢の為、短期間でできる相続税対策はありませんか?

財産を受け取る方の相続対策

妻の父であるAの相続税対策・・・

          高齢の為、短期間で対策を打つ必要がある。
    妻の母であるBは、平成27年2月に死亡した。 
    (義母Bの財産は妻Cが相続した)
 
 相続 図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●相続財産
  金融資産           4,400万円

  不動産(自宅・土地建物)    800万円

  貴金属            2,000万円

  骨董品他            900万円

  合計             8,100万円
 
●遺産に係る基礎控除額  

    3,000万円+600万円×1人(妻C)=3,600万円

 

●現状での相続税額         700万円
 

詳細はこちら

少しでも相続税を減らす生前対策はありませんか?

財産を受け取る方の相続対策

妻が10年前に他界し、相続人は子供1人しかいません。財産は約2.5億円あるため、
いまさら相続税対策も無いような気がするのですが、少しでも相続税を減らす生前対策はありませんか?

詳細はこちら

相続税がかからないような生前対策はないでしょうか?

財産を受け取る方の相続対策

夫婦ともにぎりぎり相続税のかかる程度の財産を所有しているが、両者ともに相続税がかからないような生前対策はないでしょうか?
私達には成人した子供が2人と高校生の孫が1人います。

詳細はこちら